大事な名刺を忘れたときにどうするかを考えておく

名刺イメージ

ビジネスシーンにおいて、名刺の存在はなくてはならないものだといえるでしょう。
ですが、名刺を使うのも人間です。
もしも、忘れた場合にはどうしたらいいのか、そうなる前に考えておく必要があるといえるでしょう。

なぜかといえば、考えておけば、そういった場面であたふたしないで済むだけではなく、スムーズにリカバリーできるようになるからです。
何も考えておかなければ、きっと焦るだけで終始してしまうでしょう。

大事な名刺を忘れた場合には、できるだけ素早く謝罪します。
後々まで引っ張って、何かいいことがあるわけではありません。
相手も自分も人間です。
忘れてしまうことは、誰にだってあるのですから、素直に謝罪することが大切です。
次回お会いした時には、間違いなくお渡しする旨を約束しましょう。
焦って郵送するなどということは、絶対にしてはいけません。
郵便で名刺が届くということは、考えただけでも不思議な光景なはずです。

名刺を忘れたことは、失態であることには変わりありません。
普段から身に付けている手帳などに、スペアをはさんでおいたりすることも重要だといえるでしょう。
最近ではタブレットケースにも名刺が挟めるようになっているものもあり、いざというときに重宝したりするものです。

そういった備えをすることも大切なのですが、一番重要なのは忘れたりしないことです。
ですが、忘れてしまったのですから、それをうまくビジネスチャンスにするだけの器量も大切でしょう。
次回、名刺をお渡ししたいからと、アポイントをうまくとるぐらいの機転を利かせることも必要になってくるのです。

ページの先頭へ