防水性のある透明な名刺も存在する

名刺イメージ

最近は名刺といっても変わった素材使ったものが増えてきました。
自分の会社のカラーを打ち出すために選択されることもありますが、個人的な名刺として作られるものも多く、どんな素材であっても名刺になる世の中になったのです。
中には、防水機能を持たせたものまで登場してきているのです。

ポリエステルを使用した名刺で、耐久性が高くこすったぐらいでは色落ちしないのが特徴です。
印刷技術も進み、生活防水程度の力を持っており、今まで水に弱かったのは、いったい何だったのかというほど進化しています。
こういった技術は、ラミネート加工から発展したものであり、耐久性に優れたものが出来上がるのです。

防水性を持った名刺は、透明のポリエステルを使うことで、スケルトン加工をすることができます。
当然透けてしまうために両面印刷はできませんが、一般の名刺よりも、はるかに目立つものが出来上がります。
カラー印刷も可能ですから、とても鮮やかな名刺を作ることができるということも大きな点となっているのです。
名刺の機能として、相手に印象付けることが大切になりますが、透明で防水性があるというだけでも話題作りにつながり、強い印象を与えることになるでしょう。

名刺が防水性を持つことは、大きな意味があるわけではありません。
ですが、その機能を生かすのではなく、そういったこともできるというだけで興味を持ってもらうことにこそ、この名刺を作る意味が存在するのです。

ページの先頭へ